ガリバーは購入トラブルが少ないって本当?解説します

ガリバーの購入トラブルを解説

中古車の購入を考えるとき、インターネットを利用して情報を収集する人は多いと思います。とくに、多くの人が利用する大手の中古車販売店にもなると多くの口コミや評判が投稿されています。

その多くで「ガリバーはトラブルが少ない」という評判が書かれており、多くの人がそれを参考にして中古車販売店を選んでいるようです。

中古車の購入は人生においても大きな出費の1つでもあり、これを読んでいる人のなかには絶対に失敗したくないと考えている人も多くいると思います。

では、このガリバーで中古車を購入することを考えたとき、本当にトラブルが少なくて安全なのでしょうか?

今回は、この「ガリバーでの中古車購入はトラブルが少ない」という評判が本物なのかを調査し、理由も解説していきたいと思います。

ガリバーはトラブルが少ないって本当?

多くの人にとって車を購入するということは、人生の中でも数えるほどしか機会がないものです。

とくに車の購入には多くの費用が発生するために、新車ではなく中古車を購入しようと考えている人も多くいらっしゃいます

もちろん中古車の購入には多くのリスクがあることは周知の事実です。そのため中古車販売の実績がトップでもあるガリバーを利用することで、リスクを減らしたいと多く人が考えています。

そこで、ガリバーで中古車を購入した人の口コミをみてみると、多くの場合で「トラブルが少なかった」といった評価がつけられています

果たしてそのような高評価が目立つガリバーの評判は、すべて信用がおけて真実に基づいているものなのでしょうか?結論から申し上げますと、ガリバーで中古車を購入してもトラブルが全く起きない保証がもちろんありません。

ガリバーの中古車を購入した時によくある3つのトラブルを解説

ですが、ガリバーでの中古車購入はトラブルは本当に少ないと言えます。そこには、ガリバーが高い評価を多く受けている秘密が隠されていました。

 

安心・安全な車両しか販売しない

中古車販売実績で日本トップであるガリバーは独自の取り組みによってそのポジションを獲得してきました。

その1つに、安心・安全な中古車のみを販売しているという取り組みがあります。

一般的に中古車と言うとリスクが高いイメージがあると思いますが、そのようなリスクを少しでも無くすためにガリバーは独自の基準を設定し販売を行っています。

修復歴はすべて明記

ガリバーの取り組みに「修復歴はすべて明記する」というものがあります。

中古車選びで多くの人が判断材料にしているものの1つが修復歴の有無です。修復歴とは車両の修理履歴のようなもので、通常は修理をした際の記録簿が残っており、そこから修復歴を確認することができます。

しかし、多くの場合で修理を繰り返している車というものは高い値段で売却することができません。修理を繰り返しているということは、車両の状態が良くないということを示していると判断されるため、年式や走行距離が優良だとしても安く買い取られることが多いのです。

そこで、多くの人はエンジンパーツの交換など大きな修理以外は記録を残していないことがほとんどです。なかには、大きな修復歴でも記録を残さないことが多々ありますそのため、多くの人は修復歴のある中古車は避けながら購入を検討するのですが、修復歴を隠している車を購入してしまいトラブルに発展してしまうケースもあるのです。

そのようなトラブルを避けるために、ガリバーは修復歴はすべて明記するという方法をとっています

しかし、ガリバーでも修復歴が判明しない車両もあるのでは?と心配になる人もいると思いますが、そこにもガリバーならではの安心できる取り組みがあるのです。

専門のスタッフが検査

ガリバーでは一般的な中古車販売店と大きく異なっているのが、全国の店舗の多くで自社の点検設備を備えているという点です。

そのため、自社のスタッフには専門のスキルを有した技術スタッフがいるので、修復歴の有無を十分に検査することが可能になっています。

さらには、専門のスキルを持ったスタッフがいるために、修復歴のない車両でも将来的にトラブルのリスクが高いものなどは販売しないように徹底されています

これらの取り組みによって、ガリバーは中古車の購入においてもトラブルが少ないように配慮しているのです。

 

中古車では珍しい長期保証でトラブルに備える

ガリバーは購入トラブルが少ないのが本当?

中古車を購入する段階でトラブルが発生しなくても、長期的に乗っていると新たなトラブルが発覚するということが多々あります

とくに、ガリバーなどの中古車販売店では全国の店舗から中古車の在庫を探し出し、気に入ったものを購入するというシステムになっています。

そのため、近くに実車がなく試乗ができないというケースも珍しくはありません。中古車の場合は見た目だけではわからない不具合もあるために、なるべくなら試乗して確かめることも大切になってきます。

そうしたなか、ガリバーでは乗り出し後のトラブルに備えるために「あんしん10年保証」というサービスを提供しています。一般的な中古車では保証がついても3カ月程ということが多いのですが、ガリバーでは異例の最長10年保証というプランを設定しています

もちろん、10年間の保証を受けるためには条件もあるのですが、他の中古車販売店にはないものですので、他社と比較した際には大きな検討材料となります。

参考)ガリバーで購入トラブルが少ないって本当?中古車を買いたい方は必読

長期保証には条件も

ガリバーの長期保証は非常に魅力的ですが、もちろん加入するための条件がいくつか設けられています

  1. 車検をガリバーの提携工場などで通す必要がある
  2. 2年目以降は免責金を払う必要がある

詳しく説明したいと思います。1つ目は、車検をガリバーの提携工場などで通す必要があるということです。

通常、車検は自分で通す場所を選択できますが、ガリバーの長期保証を適用させるためには提携の工場などで車検を通す必要性があります。

そのため、格安車検や自分で車検を通したいと考えている人は検討が必要な部分だといえます

2つ目は、2年目以降は免責金を払う必要があるということです。

長期保証に加入をして1年目の段階では、修理が発生した場合でも保証の対象であればお金を一切出す必要がありません。

しかし、2年目以降の修理では最低1万円の免責金を支払わなければならない仕組みになっています。もちろん、契約の段階で承認する必要性があるのですが、見落としがあったりなどしてトラブルに発展するケースもあるために、事前にしっかりと把握しておきたい項目となっています。

 

もしものトラブルにも対応可能

いくつもの取り組みによってトラブルを減少させているガリバーですが、もしものトラブルに備えた「ガリバー苦情相談窓口」というものが設けられています。

この苦情相談窓口では、購入検討中や購入後のトラブルなどを電話とメールで相談することが可能となっています。

とくに、ガリバーの苦情相談窓口は中古車販売店のなかでも対応が良いと評価が高く、トラブルの解決に関しては信頼がおけるものになっています。

そのため、ガリバーを利用しているときにトラブルが発生した場合は利用することをオススメします。

詳しくはこちらの記事もご一読ください:

ガリバーさんは苦情やクレームに対してどう対応している

まとめ

今回は「ガリバーはトラブルが少ない」という噂を調査し、理由を紹介してきました。

とくに、中古車を販売する段階から自社の基準を設けて、安心かつ安全なものしか販売しないという姿勢は評価できます。

また、長期保証や苦情相談窓口を設けるなどしており、ユーザーのトラブルを解決するという姿勢が見てとれると思います。

安心安全な中古車選びは販売店選びからです。

ガリバーの中古車購入についての評判や口コミを詳しく知りたい方は、こちらの記事もご一読ください。

ガリバーの中古車の評判は?口コミからわかる実際のところは?